不安も解消しよう

医者と看護師

安全性を再確認しよう

ボトックス効果を利用した方法には、注射をするだけでシワを取り、よい状態に変えられる美容クリニックでのボトックス注射が一般化しています。皮膚の深いところの筋肉は、通常の美容液では応えてはくれず、現状維持です。注射であれば、皮膚内部にある筋肉にもボトックス効果がしっかり届きます。なので、塗るよりは注入する方法が効果は実感しやすいようです。しかし、ボツリヌス菌を使っていることからも、数度同じ場所へ注入することで多少なり副作用があるようです。これは、身体に抗体ができるという安全性を確認できる副作用ですが、効果の持続期間が短くなる場合があるそうです。効果が持続しないのはデメリットになるかもしれませんが、リスクを先に考えれば、整形手術さえ不要で、しかも元の状態に戻るのはメリットでしょう。そう考えれば、先に述べたようにボツリヌス菌を使わない塗るタイプを選んでみてもよいかもしれません。同様の働きをするアルジルリンが用いられており、シワ取りクリームとして話題を集めているようです。万が一、副作用が現れても、表面に塗るのならば、洗い流してから経過を観察できます。
副作用が起きた時もすぐに治療を受けられるのは、美容整形に特化したクリニックでの施術です。ボトックス効果の持続はある一定期間なので、施術を行うためにクリニックへ定期的に通うことになります。そこでは、守るべきルールやマナーも幾つかあります。例えば、医療行為に当たるため、カウンセリングを受けなければなりませんが、施術が不要との判断であれば、指示に従うこともマナーです。いくら副作用のない施術と謳われていても、医師は「迷う」気持ちに考慮や配慮しなければなりません。また、仮に施術を受けたとして、注射を打ったら終わりではありません。定期的に注射を打つことでしかボトックス効果が持続できないので、通院であったり、副作用によって薬の服用をしたりなども患者側のマナーになります。健康・美容対策として利用されてはいますが、その成分に特徴があるので、初めての注射による施術であるならばリスクはクリアにしておきましょう。例えば、治療そのものは副作用もなく安全性も高いのですが、クリニックで施術を受けた数日ほどは運動をせず、患部も触らないようにするなどが一例です。